オリジナルTシャツにオリジナルネームタグを制作してオンリーワンアイテムに!!

オリジナルTシャツ制作はイベントの定番ですよね。しかし、折角オリジナルTシャツを作るのであれば、とことんこだわって作りたいものです。そこで活躍するのがオリジナルネームタグです。オリジナルネームタグを付ける事で完全なオリジナルになります。ここでは、オリジナルネームタグのメリットをお届けします。

そもそもオリジナルTシャツとは?

イベントに欠かせない必須アイテム

今やイベント事に欠かせないオリジナルTシャツは、色々なシーンで幅広く活用されるアイテムですよね。世の中には様々なデザインのTシャツもあり、オシャレなアイテムも揃っていますが、「自分だけのオリジナルTシャツを作りたい!」と思っている人もいますよね。オリジナルTシャツと言うのは、そんな思いを形にできるTシャツ制作です。自分で考案したオリジナルデザインをTシャツにプリントして、自分達だけのオンリーワンアイテムに仕上げる事ができます。

オリジナルTシャツも細部にまでこだわる時代

オリジナルTシャツは、自分達でデザインを考案してオリジナルアイテムを制作する事ができます。しかし、専門業者でオリジナルTシャツ制作をした場合にも、殆どのTシャツには背首にメーカーのサイズ表記とブランドネームが付いていますよね。そのタグを自分達のオリジナルネームタグに付け替える事で、よりブランド感や特別感をアップさせる事ができます。

Tシャツの品番にもよりますが、大体どのTシャツにもTシャツメーカーのサイズネームとブランドネームが付いているのが一般的です。基本的に、ブランドネームタグにはブランドロゴ、サイズネームには品番・サイズ・洗濯表示等、重要項目が表示されています。しかし、このままだの状態ではオリジナル感が出ませんよね。そこで、ブランドネームタグやサイズネームタグを切り取って、自分達だけのオリジナルネームタグに付け替える事で、ブランド感や特別感がグッと高まるので、オリジナルTシャツが正真正銘のオンリーワンアイテムになります。

クオリティーの高いオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツにオリジナルネームタグを付ける事で、Tシャツのアイテム価値を高める事ができます。完全なオリジナルTシャツが完成するので、他のアイテムとの差別化にもなり、自分達のブランドである事を周りにも大々的に宣伝する事ができます。もちろん、オリジナルTシャツだけでもオリジナルアイテムですが、オリジナルネームタグを付けて細部にまでこだわったアイテムは、やはり全体のTシャツのクオリティーも大きく違ってくるものです。どこを取って見てもオリジナルブランドアイテムなので、ブランドとしての価値や作り手のこだわりが周りに伝わりやすくなります。

オリジナルネームタグに表示されているものとは?

表示する目的

ブランドネームタグをはじめ、他にもタグにはワッペン、商品販売に付随する下げ札、シール等があります。そこには、アイテムの説明書き・注意書き、アイテム名、製作者名、抽象デザイン等が表示されています。これらのタグと言うのは、安全性の為の製品説明義務、信頼性の為の製品名、企業名、オリジナリティの為の装飾等が目的となっています。このように、タグは様々な目的の元付けられているのですが、タグがある事でのメリットは色々ある事が分かりますよね。

安全性

まず一つ目の安全性ですが、製品を販売する際には義務付けられた表示事項と言うのがあります。製品名、表示者情報、製品寸法等、詳細や取扱上の注意等がそれに該当します。個人的なプレゼント以外で金銭が発生する場合には、ハンドメイドアイテム等も該当します。

信頼性

そして二つ目の信頼性ですが、安全性にも付随していますが、企業名、製品ロゴ・デザイン等がそれに該当します。情報として表示されたものと言うより、デザイン性を帯びているのが特徴なので、より目に入りやすい存在に位置付けられます。製品や生産者の認知にも欠かせないものです。

オリジナリティ

最後三つ目は、デザインの1つとし活用する場合です。ブランドネームタグと言うのは、製品名、企業名、ロゴ等がデザインされていますが、主役商品として展開する事は稀です。例えば、シャツ・ジャケットの襟元や、袖口・胸ポケットに目を向けると、小さなタグが付いている事がありますが、メインとなる製品があってこそブランドネームタグも役割を果たす事ができます。織ネーム、プリント、リボン、ワッペン等、それぞれの特性を生かしてネームタグもオリジナリティを高める事ができます。

オリジナルネームタグを付けるメリットとは?

仲間の一員であるという事を強く認識する

例えば、体育祭や文化祭では、主役の活躍をする人ばかりでは無く、仲間全員で助け合ったり励まし合ったりしますよね。オリジナルTシャツを皆で着用しているだけでももちろん絆は強まりますが、オリジナルネームタグのついたTシャツであれば、その絆も一層高まる事間違いありません。チームとしての一体感をより一人一人が得る事ができるので、一員としての実感を大きく感じられます。オリジナルネームタグは、仲間との心を一つする相乗効果を発揮してくれます。

さり気なく魅力を伝える事ができる

オリジナルネームタグがあるだけで、アイテム自体の宣伝やアピールに繋がります。タグは意識しなくても目に留まるものですよね。もちろん、アイテムだけでも十分魅力的ですが、タグがでもブランドの個性を出す事ができたり、ブランドの宣伝やアピールに繋がったり、さり気なく魅力を伝える事ができます。細部にまでブランドの特徴を表現できるので、ブランドの価値を高める事もできます。

思い出として形に残る

クラスTシャツ制作の最大のメリットは、思い出がTシャツと言う形で残る事です。自分達が青春時代に制作したクラスTシャツと言うのは、大人になっても大切な思い出の品になります。オリジナルネームタグがある事で、本当に当時の思い出の品である事が強く印象に残りますよね。当時の仲間で一致団結した思い出が、Tシャツはもちろんネームタグにも様々な思い出が詰まっているものです。写真や映像も立派な思い出になりますが、袖を通していたオリジナルネームタグが付いたクラスTシャツはより感慨深いものがありますよね。

Tシャツ制作と一緒にネームタグ制作可能?

Tシャツ・ネームタグ制作がまとめてできて一石二鳥

オリジナルTシャツ制作の専門業者の中には、オリジナルTシャツ制作と一緒にオリジナルネームタグ制作できる所があります。なので、Tシャツを制作するのと同時にネームタグ制作も行い、完全オリジナルTシャツに仕上げる事ができます。オリジナルネームタグの制作もしたくても他業者に依頼するとなると手間がかかりますが、一つの業者でネームタグもオリジナルで作る事事ができるので、一石二鳥な部分も嬉しいポイントですよね。業者に何もかも任せられるので、自分達にかかる制作負担もなく最後まで完成させる事ができます。

メーカーネームタグカットも行っている

例えば、自分達でオリジナルTシャツ制作をした場合、既存のネームタグがTシャツについていますよね。そのネームタグをとって、自分達のオリジナルネームタグを制作したいと思っている人もいます。そんな時も専門業者では、このような既存のネームタグのカット加工もサービスとして行っています。なので、自作したオリジナルTシャツを業者に持ち込んで、既存のネームタグをカットしてもらい、自分達のオリジナルネームタグを業者依頼して制作する事も可能です。